モギと申します。小説や映画、その他もろもろの感想を書き殴ってます。評価は、★5つで満点です。


by hasi009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

奥様は魔女

評価:★★★★

(あらすじ)普通の恋を夢見て人間界へやってきた魔女、イザベルは、街で出会った落ち目の俳優ジャックにスカウトされ、テレビドラマ『奥さまは魔女』のサマンサ役に大抜擢される。ジャックとの恋の予感に興奮するイザベルだが、実はジャックは、この番組で映画界復帰を図るべく、自分を引き立てる無名女優を探していただけだった。現場で横暴な態度を見せるジャックに怒りを爆発させたイザベル。それをきっかけに、ふたりは本当に惹かれあっていくのだが…。

 
 
いやあ、ふつーに面白かったですよ。
クスクスと笑えるシーンがいっぱいだったし、
二コール・キッドマンは綺麗だし可愛いし(ほんとにアザーズのお母さんと同一人物?!)、
ウィル・フェレルも熱演だったし。

いい映画みたなーって感じです。

だがしかし、映画生活なんかでは酷評されてますねー。

でも、デートで見に行くなら、かなりいい映画だと思いますけどね。
[PR]
by hasi009 | 2005-08-29 19:29 | 映画

電車男 第8話

いやー、なんかやりすぎでしょ。
特に、オタクグッズ満載の部屋であの服装で
カミングアウトなんてのは・・・(・∀・;)

ってゆーか、ふつーヒクよね?!

私もガンダム好きだけど、
あれは大抵の女性がひくんじゃないかなー。

といいつつも、今回はだいぶ笑いました。
ベッドの中に潜り込む陣釜さんに笑い、
劇団ひとりに笑い、
堀北真希の可愛さに萌え、
ラジコンカーのダイビングに笑い・・・。

まぁしかし、あの部屋を個性的って言っちゃうかぁ。

あの美しさで、あんな反応する女性がいたら神だよなー。
 
[PR]
by hasi009 | 2005-08-27 15:20 | ドラマ

トゥルー・コーリング

最近、話題の(?)トゥルー・コーリングを観ました!
ありがたいことに、北海道では毎週土曜日にTVHで放送してくれます(・∀・)

今回は第2話だったんですけど、
話にひねりがきいてて面白かったです。

「死者」のコールは、自分を助けてということではなくて、
要救助者を助けたいため・・・

主人公の女優さんも綺麗だし、
ひとつひとつの台詞にも工夫があるし。

これからが楽しみです(・∀・)
[PR]
by hasi009 | 2005-08-21 19:44 | ドラマ

電車男 第7話

原作の電車男では、もうハッピーエンドの段階なんだけど、
ドラマのクールを埋めるために(?)
怒濤のアナザーストーリーへ。

こっからは完全に脚本のアイディア次第なんで、
どこかみんなの台詞が浮いている感が否めないっすな。
例えば、「幻」とか・・・・

でも、電車男のがんばりにはちょっと感動したのも事実です。

どうせなら、電車男を朝から風邪気味にしておいたら、
もっと悲壮感が増したと思うのですけどねー。

しかし、次回予告をみたら、
バリバリのオタクファッションで
「仲直りしてください!」
っていうらしいけど、
大抵の女の子はヒクんじゃないのかなぁ。
[PR]
by hasi009 | 2005-08-19 17:16 | ドラマ
評価:★★★★

(あらすじ)
表紙に惹かれて手にした『ななつのこ』にぞっこん惚れ込んだ駒子は、ファンレターを書こうと思い立つ。わが町のトピック「スイカジュース事件」をそこはかとなく綴ったところ、意外にも作家本人から返事が。しかも、例の事件に客観的な光を当て、ものの見事に実像を浮かび上がらせる内容だった―。
 


いやあ、面白かったですよ、これは。
暖かさと懐かしさが満載で、心が安らぐような感じがします。
読んで良かったと思える小説です。

ミステリーっぽさは少ないけれど、
殺人とか血とかどろどろした小説ばっかり読んでる私のような人は、
これを読んで心をリセットした方が良いかとw
[PR]
by hasi009 | 2005-08-18 17:24 | 小説

エイリアンVSプレデター

評価:★★★

面白くない、という意見をあちこちで聞いていたせいか、
けっこう楽しめました。

少なくとも、プレデター2、エイリアン3、エイリアン4よりは
ずっと面白かったかと。

ストーリーは単純明快だし、
テンポはわりといいし、
エイリアンの怖さ、プレデターの残虐さは出ていたし、
エイリアンとプレデターの戦いもなかなか迫力があったし。
映画館でみたら、もうちょっと面白かったかな。

特につっこむところは無いんだけど、
少し物足りなさが残るのも確か。

エイリアンもプレデターも原作をよく活かしているんだけど、
もうちょっとどうにかして欲しかったかな。

似たような映画に、ジェイソンVSフレディってのがあるけど、
ヒロインの良さでジェイソン~の方がずっと良かったかも(・∀・;)
 
[PR]
by hasi009 | 2005-08-17 15:09 | 映画

女子高生ロボット戦争

評価:★(5つ満点で)

(あらすじ) ブリトニーとアリーは小学校からの親友同士。それは同じ高校に進学してからも変わらなかった。そして彼女たちは、それぞれ人並みはずれた才能を持ち合わせていた。ブリトニーは天才的な頭脳、アリーは運動神経抜群の身体能力。二人は親友であると同時に、そんなお互いの才能を尊敬し合っていた。そんなある日、キュートなハンサムボーイのクリスが転校してきたことによって二人の関係に亀裂が入ってしまう。クリスは瞬く間に学校中の女子の憧れの的になった。ブリトニーとアリーも例外ではなかった。そして、二人のクリスに対する猛烈アピール合戦が始まる。さらにはお互いの才能を駆使し、恋のライバルのジャマをし始めた。ブリトニーは巨大ロボットを出動させ、アリーはカンフーで対抗。ついに、学校中を巻き込んだ大戦争が勃発した!

 
 
(感想)
 
超がつくほどの駄作。

あらすじは面白そうですよねー?

でも、タイトルから
「ロボットVS女子高生カンフーアクション」を期待すると、
100%裏切られます。

主演のミシェル・フェアバンクスとマリア・ジョーンズのファンで、
彼女らの作品だったらどんなんでも観たいってんなら話は別ですが、
このブログ的には、他の映画をみることをおすすめしたい。

以下、ネタバレに続く。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オープニングは、
いきなり主人公のブリトニーとアリーが対立、
ブリトニーが小型ロケットランチャーをぶっ放すシーンから始まる。

そこからとりあえず1週間前へ。
ブリトニーとアリーは親友であること、
ブリトニーの天才的な頭脳、そしてアリーのアスリートぶりを強調し、
「美少年」クリス登場。

最初はブリトニーがクリスに惹かれ、
間を取り持とうとしたアニーもあっという間にクリスに惹かれていく・・・・。

この変までの流れは実にいいんですが、
ディスコに行くあたりから徐々に違和感が。

勉強一辺倒だったはずのブリトニーが、
いきなり見事なダンスを披露。 
いや、そんなに見事ってわけでもないけど。

そして、ブリトニーとクリスにからんできた男を
突然現れたアニーがカンフーでぶちのめすわけだが、
このカンフーアクションがしょぼすぎ。

なんか打撃音がずれてて、
アニーの動きにもキレがないし、力強さも無い。

勢いでクリスを強引にデートに誘うアニー。
そのデートを邪魔するブリトニー。

二人の関係は、クリスを争ってどろどろの戦いになっていくと思われたが・・・。

問題はこのあと。

クリスがとんでも無い女ったらしだということにアニーが気づく。
(いや、それは最初からみえみえだったが)

それで、アニーがクリスを問いつめようと
金属バットを片手に学校に乗り込むと、
ブリトニーがアニーを迎え撃つために
軍事用の装甲を施したロボットを出現させる。

アニー、金属バット一振りでロボット撃破。

あっけに取られるブリトニー。

ってか、多くの視聴者がここであっけにとられることは間違いない。

だって、タイトルが女子高生ロボット戦争だぜ!?
少なくとも、女子高生対ロボットの戦闘シーンがあると思うじゃん・・・。

ここからは悪い意味で無茶苦茶で、
ロケットランチャーでアニーがブリトニーを狙うわけだが、

発射した弾が老いぼれ校長の頭に当たって軌道が変わって天井をつきぬけていくとか
(ちなみに校長はかすりキズを負ったのみ)

本を読んでカンフーを覚えたとかでブリトニーがアニーと互角にカンフーやったりとか。
このカンフーアクションがまたしょぼいのなんの。

で、最後には自分の暴走に気づいたブリトニーがアニーに謝って
ハッピーエンド。
 
見終わった感想としては、視聴者なめてんのかゴルアアア!ヽ(`Д´)ノ

って感じっすな。

これはねー、日本語のタイトルをつけたパンド株式会社の犯罪といってもいいですよ。


この映画の元のタイトルは、「xtracurricular」。

多分、「課外」って意味じゃないかなぁ。

ストーリーはいいと思うんですよ。
でも、すごい中途半端なんですよね。お金が無かったのかもしれないけど。

どうせなら、アニーをもっと超人化して(カンフーハッスルぐらい)、
ロボットももっと強そうにして、
それで学校をぶっつぶすぐらいのはちゃめちゃぶりが欲しかったですね。
[PR]
by hasi009 | 2005-08-16 19:23 | 映画

宇宙戦争

評価:★★★(5つ満点で)

周りからイマイチと聞いていたせいか、
そこそこ楽しめましたよ。

大迫力の映像が満載で、そういうシーンを映画館の大画面でみるのがスキ、
という人はこの映画みても損はしないかと思います。



以下、ネタバレ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず、オチが微生物かよ!!

ってゆーか、ロビー生きてんのかよ!!

とゆー突っ込みどころはあるんですが、
まぁそれは些細なことかと。

主人公がなんで敵にやられないのかなんて突っ込んではいけません。

CMの見せ方が上手いっすよねー。

トライポッド(誰が名付けたんかな?)は一切出てきませんでしたよね。

私は全然この情報知らなかったんで、
トライポッドが地面から飛び出して屹立したシーンはちょっと感動しました。

圧倒的なトライポッドの攻撃は迫力満点で。
あの、「ブォーン」という音もなかなか効果的だったかと。

それと、ああいった場面で、パニックに陥る人々も描けていたし、
娘のために、狂ってしまったとはいえ人を殺してしまう(推定)なんてシーンにも
ぐっとくるものがありました。

しかし、やっぱりオチですよねー(・∀・;)
微生物ってのはあまりに弱い。

ってか、あれほどの準備を施していた高度な生命体が
微生物の存在に気づかないわけないと思うんですが。

まぁ、でもテンポも良かったし、迫力あったし、
ダコタファングちゃん相変わらずいい演技しているし、
SFどんちゃん映画としては良かったと思います。
[PR]
by hasi009 | 2005-08-14 19:21 | 映画

ドラマ「電車男」第6話

そうか、そんな展開に持っていくか!!

電車男がエルメスに嘘ついてコミケに行くというのも
原作には全然無い話しですが、
確かにこのままエルメスと電車男がくっついてしまったら
なんの盛り上がりもないですもんね。
だからこういう展開はありかも。

序盤、エルメスと電車がもう完全に相思相愛な関係にもっていきつつ、
エルメスが嘘をつく男を許せないという伏線をはりながら、
最後まで持っていくあたりはなかなか見応えあったというか、
見ちゃおれんというか。

もう、ほとんど誠意と誠実さだけで
エルメスとの関係をつないでいた電車が
嘘ついてしまったということで、
もうほとんど修復不可能じゃね?(・∀・;)

とか思うのですが。

でも、やっぱりハッピーエンドに持っていくんだろうなー。
キスシーンとかどうするんだろ?大人のキスはまさか無いだろうなw

ああ、でもやっぱり伊東美咲さん綺麗すぎて、
伊藤くんと並ぶと違和感ありありですねぇ。

手をつなぐシーンなんかは、
どうみてもお姉さんに連れられている
子供かと・・・(・∀・;)
 
あ、それにしても2ちゃんの住人が、みんなで紅茶を飲むシーンはかなり大爆笑でした。
 
[PR]
by hasi009 | 2005-08-12 14:44 | ドラマ
眞鍋かをりのここだけの話に、

なんと、眞鍋かをりさんと相性判断ができる!!

というURLが載っていたので、思わずやってみました。


↓クリックすると拡大します。

a0018465_15543630.jpg


げげー。私って恋愛上手?(・∀・;)

でも、彼女なんて全然いないわけだが・・・

ああ、そういえば恋愛相談だけはよく受けるような_| ̄|○

で、↓が、眞鍋かをりさんとの相性。

a0018465_15545756.jpg



モギさんがkaworiさんに見返りのない愛を注ぎ、いずれ朽ち果てます

kaworiさんのルックス至上主義にモギさんは疑問を抱きます

kaworiさんの恋愛にお金を絡める姿勢にモギさんがうんざりします

モギさんは完全にkaworiさんの尻に敷かれ、逃亡を企てます

kaworiさんがモギさんを好きかどうか、疑わしく感じられます

kaworiさんがモギさんを使い捨てしそうな空気が漂います



これで「やや良し」ですか??
なんか、かをりさんが結婚できない理由が分かるような気が・・・・(・∀・;)
 
[PR]
by hasi009 | 2005-08-06 16:01 | Mistery(謎)