モギと申します。小説や映画、その他もろもろの感想を書き殴ってます。評価は、★5つで満点です。


by hasi009
カレンダー

<   2004年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

W21sゲットしましたw

a0018465_2239622.jpg


W21sゲットしましたー(・∀・)

ちなみに、写真はSo506icで撮りました(笑)

朝一でビックカメラに行ってAU初契約だったんですが、
なんかキャンペーンとかで、
AUの綺麗なお姉さんに囲まれてくじ引かされました。

で、4等と5等が当たったんですが、
店内に響くくらい大きな鐘の音が鳴らされて、
お姉さん達がマイクで

おめでとうございま~す!!

店内のお客さんがみんな私をみています!!

めっちゃ恥ずかしかったです!!q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

あんなことしていたら、逆に契約しようって人が減るんじゃ(笑)

あー、でもお姉さん達はすげぇ綺麗でしたけどね。ミニスカからのびたすらりとした脚がたまらん。

で、W21sですが、やばいです!

すげえ使いやすい!カコイイ!!音がイイ!!

ちょっとメールの送受信に時間がかかるなぁとか、
思っていたよりもちょっと大きくて重いな、って感じがしますが、
これはマジでいいっす!!

映画blogランキング 小説blogランキング 株式投資blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-31 22:44 | Sony ケータイ

乙一「ZOO」




小説をつくりあげる力とは、天から授かった才能だと思う。



努力だけではどうにもならない、

本当に才能というものに恵まれた人にのみ、

素晴らしい小説が書けるのだと思う。



だから、こいつはすごい、という小説に出会ったとき、

その小説家の恐るべき才能に畏怖することがあったりする。

乙一という作家は、作品を読むたびにそう思わされる一人だ。



「ZOO」は短編小説集である。



乙一先生を知る人なら分かるであろうが、

その短編集には、やはり「死」「死体」「血」など、

おどろおどろしいものがわんさかと詰まっている。



しかし、単なるグロテスクに終わらず、

知性のようなものを感じてしまうのだから、

この作家の才能は本当にすごいとしかいわざるをえない。



短編集の中で、特に面白かったのは


「冷たい森の白い家」「SEVEN ROOMS」。

「カザリとヨーコ」も捨てがたい。

ちなみに、小説集の表題になっている「ZOO」が一番つまらなかったかな。
 
映画blogランキング 小説blogランキング 株式投資blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-30 18:54 | 小説

東野圭吾「トキオ」

「グレゴリウス症候群」という不治の病に冒され、死を待つのみの時生(トキオ)。
 病床の脇で何もできずにいる時生の父親は、妻に思いがけない話をはじめる。
 「ずっと昔、俺はあいつに会ってるんだ」



感動しましたー! q(≧∇≦*p

小説読んで泣けたのは初めてです。

設定としては、タイムスリップを題材にしているわけで、
それは目新しいことでは無いんですが、
本筋は「生きること」「生まれてきたことの意味」
について、東野圭吾が類い希なる文章&構成能力で
素晴らしい物語をつくってくれてます。

感動するポイントは色々あるんですけど、
私の場合は、トンネル事故のときに、
トキオが未来の母に対して

「がんばってください、きっと素晴らしい人生が待っているから」

と言ったところですか。

最近、妙に涙もろくなったせいもあるけど、
泣けたのはそのせいだけじゃないと思うんですけどね~(^^;

いやいや、ほんといい小説でした♪ 

映画blogランキング 小説blogランキング 株式投資blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-29 16:59 | 東野圭吾

レッドドラゴン

面白かったです! q(≧∇≦*p

 一級品のサイコホラーだと思います。

「羊達の沈黙」の後の「ハンニバル」がつまらなかっただけに、あんまり期待していなかった分面白かったかも(^^;

 やっぱり、レクター博士は牢獄の中にいた方がいいっすね~。

 レクター博士の異常犯罪分析、レクター博士とグレアムの捜査官との駆け引きがたまらなく良いです。
 レクター博士が、牢獄の中からグレアム捜査官の家族を殺そうと画策するところなんて鳥肌がたったです。

 異常犯罪者もなかなかキレてますし、その犯罪者と交流を持っていた女性もいい感じでした。

 ストーリーの方も、一瞬これで終わりかな、と思わせておいて、最後にどかんとどんでん返しがありまして、おお、と思わせてくれました。

 ちょっと残念なのは、あの入れ墨を記者にみせるところですかねぇ・・・ちょっと迫力不足だったような?

 この映画の舞台は、「羊たちの沈黙」の少し前に起こったという設定です。で、ラストではちょいと「羊達の沈黙」につながるようなところがあるところも良いですね。
 
★ ★ ★

いや~、しかし忙しいっす(・∀・;)
お盆は休めるかな。。
 
映画blogランキング 小説blogランキング 株式投資blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-28 16:35 | 映画

SO506icの写真

a0018465_14412077.jpg


室内ですが、けっこうキレイに取れますね(・∀・)

写真をクリックすると、無加工の写真がみられます。
 
[PR]
by hasi009 | 2004-07-25 14:43 | パソコン・モバイル
a0018465_8515016.jpg


昨日、ビックカメラで機種変更してきました(・∀・)

色はずいぶん迷ったんですが、黒にしました。
ちょっと緑がかった黒で、私的に質感良いと思いました。

そうそう、モックをいじったときに、
カメラの蓋がゆるゆるだったので、機種変更やめようかと思いました(・∀・;)
でも、実機を見せてもらったら、
ちゃんとしてたんで良かったんですが。

正確な金額は忘れましたが、
1年以上の機種変更で2万4千円だったかな?

私の場合、SO504iを2年使っていたんで、
機種変更は2万1千円で、ドコモポイントが6千円あったんで、
1万5千円で機種変更できました。以外に安くてラッキー(・∀・)

SO504iのときは、確か3万近くとられたんだけどなぁ・・・。
 

使ってみた感想ですが、やっぱ使いづらいです(笑)

SO504iに比べると、操作系がかなり違っているんで、
まだ慣れていないというのもありますが・・・。

折り畳み式だと、開いて起動、
閉じて終了っていうことでわかりやすいんですけど、
回転式だとオンオフの設定がよく分からんですね。
もうちょっとあとで説明書読んでみますけど。

504iと比べて明らかに劣っているのが、メインのボタンが小さいことです。
デザインを優先しすぎで、
メールボタンや電源ボタン、クリアボタンが小さくなっているんで、
ちょっと打ちにくいですね。

また、ディスクジョグも、普通のジョグダイヤルに比べると、
一回の操作で動く範囲が小さいような気がします。
思ったよりは回しやすいですけど。

それと、メニューがですね、
ディスクジョグと逆方向に回るんですよ・・・・。

これは直感的じゃないような?
設定で逆に回すこともできますが、
そうすると「縦」のメニューで逆に動くという・・・。

良い点は、マナーボタンがあるところと、
カメラですかね。

蓋を開けると起動、閉じると終了ってのはかなり使い勝手がいいです。

とりあえず、まずはこんなとこで。


映画blogランキング 小説blogランキング  株式投資blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-25 09:14 | Sony ケータイ
犬の視点から小説が語られる構成は面白いと
思うんですが、
イマイチでした~(すいませんすいません)。

私の体調が悪かったかもしれませんが、
すごいわかりにくかったです。

何度も前のページに戻って読み返すことがありました。

それから、登場人物がみんなうすいというか・・・。
印象に残っている人物が一人もいないんですねー。
これも宮部みゆきの作品にしては珍しいことで。

あと、この作品って、東野圭吾の「魔球」にそっくりなんですよ。

☆ ☆ ☆ こっからはネタバレなんで、
パーフェクトブルーと魔球を読んでない方はこのページを閉じてください(^^;
 
 
 
 
 
 

似ている点としては、
主人公(?)の兄弟がいて、
その兄は超高校級のピッチャーである、
そしてその兄は残虐な方法で殺される、
兄を殺した犯人は兄の肉親だ、
物語に企業がからんでくる・・・などなど。

同じような話の展開なのですが、
「魔球」の方が印象に残ってますねー。

もしかしたら、読む順序が違っていたら、
受けた印象も全然違っていたかもしれませんが(^^;
 
 
映画blogランキング 小説blogランキング株式投資blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-23 19:35 | 宮部みゆき

東野圭吾「魔球」

 東野圭吾作品の中でも初期のものなので、
あんまり期待していなかったのですが、
読んでいて何度も予想を裏切られる展開で
話が進んでいったので、なかなか面白かったです。

 須田武志君が良かったですね。
超高校級ピッチャーで、ちょっととっつきにくそうな感じをかもしだしながらも、
実はすっごい家族思いという・・・。

 この本も、もう古本で出ています。250円でけっこう楽しめると思います。

映画blogランキング 小説blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-22 18:41 | 東野圭吾
NTTドコモは、iモード FeliCa対応端末第3弾となる「SO506iC」を7月23日に発売する。

「SO506iC」は、ディスプレイが回転する「180度スタイル」を採用したソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のiモード FeliCa対応端末。端末デザインは「SO505iS」と似ているが、「180度スタイル」でも、端末を少しスライドさせるとディスプレイが回転するなど細かい修正が加えられている。また、キー側ボディ背面を変更できる「フィット・カバー」が採用されている。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !

なんとなく、機種変更しようかな、と思っています。

W21sはどうするのかって?

もちろん、両方買って比較するんですよ!!

携帯って、手に取ってみないと分からないですもんね(・∀・;)
 
[PR]
by hasi009 | 2004-07-21 22:38 | パソコン・モバイル
ん~・・・・
正直つまらんかったです~。

けっこう評判は良かったんで期待してたんですが。

ちょっと難しい話が多すぎて
分かりづらかったっすねー。

最初の方は眠たかったし。

イングラムの活躍も少なかったし・・・。

相変わらず後藤さんはいい味だしていて好きなんだけど。



映画blogランキング 小説blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-21 20:46 | 映画