モギと申します。小説や映画、その他もろもろの感想を書き殴ってます。評価は、★5つで満点です。


by hasi009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:コミック( 4 )

関西のケーブルインターネットの会員専用コンテンツで好評連載している作品を単行本化。主役は猫の家政婦「猫村ねこ」昔かわいがってくれた坊ちゃんを探すべく、犬神家に奉公することになるが・・。家庭崩壊しつつある一家を猫村さんが救う!


本を開くと、ほとんどえんぴつの殴り書きのような絵とふきだしが目に飛び込んできます。

・・・しかし、それがなんとも暖かいほのぼのとした雰囲気をつくりだしている不思議な本です。

猫村さんは、ふだんはふつーの(?)お手伝いさんなんですけど、思い出したように飛び出す猫の習性が面白いですね。
[PR]
by hasi009 | 2006-06-09 17:58 | コミック
発売されましたねHUNTER×HUNTER21巻。

もう完全に

週間ジャンプの本誌では下書きを発表し、単行本でスミ入れするというスタイルが確立されてますな。


それでも、そこそこ面白いから許せてしまいますが。

22巻で出て来るであろう、スミ入れさらたシズクちゃんが楽しみです。
できればトーンも使って欲しいなぁ。


21巻ではいよいよキメラアントの王が生まれてしまうのですが・・・。

ってゆーか、ゴンとナックルの戦いって省略ですか?(・∀・;)

どんな風になったのか気になっていたんですけど省略ですか、そうですか。
 
 映画blogランキング 小説blogランキング 
[PR]
by hasi009 | 2005-02-09 17:15 | コミック
週刊少年ジャンプで連載中のハンター×ハンターにはまってます。

この前、コミックス全巻そろえてしまいました(・∀・;)

知っている人は知っているように、
絵は最悪です。

ただ下手ならいいんですけど、
もうちょっと気合いをいれて描けばすごいイイ絵をかけるはずなのに、
思いっきり手を抜いています。

それでも。

「マンガ力」という言葉をご存知でしょうか?

マンガは、絵が上手ければいいというわけではありません。

絵は下手なんだけど、すげぇ面白い、オーラさえ感じてしまう、
そんなマンガがあると思うんですが、
それはその漫画家さんのマンガ力がすごいんだと。

ハンター×ハンターは、
そのマンガ力が異常に強い作品ではないかと思ってます。

まずキャラが良いです。

ゴンが良い。
キルアが良い。
クラピカもレオリオも良い。

すぐに敵にやられてしまったけど、カイトがかっこ良い。

脇役というか、敵もいいです。

ヒソカ、クロロ、マチ、シズク、フェイタン。

あ、パクノダもいいっすね。最初はすげぇ変な顔だったけど。

世界観もいいです。

念能力がいいですよね。

ちょっとジョジョチックですが。

そして、特にいいのがグリードアイランド編なんですよ。

リアルR.P.Gの世界に念能力、特訓によるゴン達の成長、
ゲンスルーとの死闘。

何度も読み返してしまってます。

で、この前アニメ借りてきたんですよ。

グリードアイランド編は借りられっぱなしですけど、
クラピカがクモと対決するあたりかな。

やっぱり絵がすごいキレイなんで、
迫力あったです。

クラピカ対ウボォー編なんてかっこよすぎますよー、クラピカが。

キルアの声が妙に素人っぽいのと、マチの顔がイマイチ気に入りませんが、
動くシズクがとっても良いですw 



映画blogランキング 小説blogランキング 株式投資blogランキング
 
[PR]
by hasi009 | 2004-08-11 16:12 | コミック

岩明 均 「寄生獣」

小説じゃありません。マンガです。

寄生「虫」じゃなくて寄生「獣」。

今までで読んだ中で面白かったマンガは?
と聞かれると思い出すのがこれですね。

食物連鎖の頂点にいるはずの
人間に天敵がいたらどうなるか?
という発想の元生まれたのが寄生獣だと思うんですけど、

この寄生獣は、人間に寄生して脳を奪い、
首から上部分を完全に乗っ取り、
自在に変形。
そして、人間を食べてしまうという、
とんでも無い生物なんですね。

この物語の主人公は、
普通の人間(あとで普通じゃなくなるけど)「泉新一」と、
新一の脳を奪い損なって彼の右腕に寄生することになった寄生獣「ミギー」です。

知能は人間と同等でありながら感情の無い生物に
右腕を寄生された「新一」の苦悩っぷりはすさまじく、
彼の母親が寄生生物に寄生されたあたりは
もう涙なしでは読めません。

そして、このマンガのすばらしいところは
「去り際」です。

某少年誌で多分作者がやめたいにも関わらず
だらだらと続けていた「ドラ○ンボール」や「聖闘士○○」
を後目に、
寄生獣はその役目を終えたと言わんばかりに
全10巻でスパッっと終わりました。

もうちょっと読みたいとも思いましたが、
あの終わり方には感動を覚えたものです。 



blogランキング
[PR]
by hasi009 | 2004-07-06 15:24 | コミック