モギと申します。小説や映画、その他もろもろの感想を書き殴ってます。評価は、★5つで満点です。


by hasi009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

永井泰宇「フラッシュ・バック39」

 夜の新宿歌舞伎町。刃物を持った男が街中に飛び出し、意味不明の言葉を発しながら人々に襲いかかる。すぐさま男は取り押さえられ、事件は片付いたかと思われた。ところが取調べ中、犯人が奇妙な行動をとったことから、警察は精神鑑定を依頼。鑑定人・小川香深は覚醒剤の副作用と診断する。真相を探るべく犯人の故郷を訪れた香深が行き着いたおぞましい真実とは…。

 「刑法第三十九条」・・・つまり、「犯行当時心神喪失状態にあった場合、裁かれない」という法律を扱った作品です。

 そこそこ面白かったんですが、なぜか今ひとつ・・・といった感がありました。なぜかというと、刑法第三十九条の不可思議というか、理不尽な部分が伝わってこなかったからなんですね。

 この題材、東野圭吾さんが書いたら、もっとすごいものになるんじゃないのかな~なんて考えてしまいました。

映画blogランキング 小説blogランキング 株式投資blogランキング
 
[PR]
by hasi009 | 2004-08-30 18:01 | 小説