モギと申します。小説や映画、その他もろもろの感想を書き殴ってます。評価は、★5つで満点です。


by hasi009
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

重松清 「疾走」 


cover


いや、すげぇ作品です。ただただ、圧倒されます。
 
 主人公はシュウジという少年で、彼の小さい頃から話が始まります。最初は、彼には兄がいて、両親がいて、友達がいるんですけど、だんだんと彼は孤独になっていきます。

 彼が住む、「沖」と「浜」の複雑な関係。バブル期にあったリゾート開発と地上げ。ヤクザ。友達の非行化。いじめ。それぞれが彼をじわじわと、容赦なく彼を痛めつけていくわけなんですが、それが実に凄まじいです。

 読んでいて、実に苦しい作品でした。読んでいる方もずっと走り続けているような、そんな息苦しさが感じられました。
[PR]
by hasi009 | 2004-05-27 14:51 | 小説